HOME

代表理事ご挨拶

2019年 1月

 この度、代表理事に就任いたしました木之瀬隆と申します。

 当協会が発足しました2016年から3年になりますが、関係各所の皆様、シーティング議連の先生方と連携し2017年には「シーティング」という言葉も診療報酬のなかにも入りました。しかしながら、医療・福祉の現場では未だ不適切な座位のまま見過ごされている現状が多く、財団の重要性はますます高まってきています。

 本財団は車椅子シーティングの普及を目指すため、シーティングの基礎的部分を確立することが現在の使命になります。そのためには、議連との協調、国際シーティング・シンポジウムなどからの情報交換、国内各団体の協調、そしてシーティング技術の科学性促進を図りながら、障がい児者や高齢者の支援を通じて日本全国に等しく効果のあるシーティングを普及していくように進めたいと考えております。特に今年度は事務局機能の強化と合わせて各関連団体との連携・協調を推進していく所存です。

代表理事 木之瀬 隆
経歴


予定している事業の詳細

掲載日:2016年03月24日

科学性の促進(Science)


国内諸団体の調整・協調(Cooperation)


海外の関連組織・機関との情報交換(International)


政策・制度への提言(Policy)


上記の事業活動を賛助会員やこの財団の趣旨に興味を持たれている皆様に情報をお伝えするよう、ホームページや車椅子シーティングについてのパンフレットなどの作成を行います。



HOME
代表理事ご挨拶 役員・評議員名簿 ISSレポート 診療報酬算定明確化